« AVR入門 | トップページ | ビール »

2006年6月26日 (月)

AVR入門

キャラクタ型グラフィックLCD

ATmega48/88/168のデータシート上のUSARTの項目を読む。
お決まりのシリアル通信なので、比較的理解し易い。

早速PCと繋いでみたいところだが、ブレッドボード上でせっかく
AVRとLCD繋いでいるのだから、PCからのデータをLCDに表示
してみたい。
テストとしてPCからの入力をエコーバックするコードを書けば、
十分な気もするが、やはりそれだけじゃつまらない。

で、6×8ピクセルのフォントをでっち上げて、文字出力ルーチンを
書く。20文字×4行のキャラクタ表示器みたいになった。

これを使ってPCのターミナルソフトと通信してみたいと思う。

Avrlcdtest4

|

« AVR入門 | トップページ | ビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/10692889

この記事へのトラックバック一覧です: AVR入門:

« AVR入門 | トップページ | ビール »