« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | AVR入門 »

2006年7月31日 (月)

AVRのためのPIC再入門

PICでAVRライタを作る8

ブレッドボード上のPICのプログラムの作成が終わったので、
ユニバーサル基板に移し変えようと思う。

PCBEで実際の配線を考える。部品は8ピンのPIC、Dsub9ピン
コネクタ、ISPコネクタ、2本の抵抗とコンデンサ。この程度
楽勝、と良く考えずに配線を決め、小さく切った基板にハンダ
付けをする。一応ICソケットにPICを差し込む前に配線確認

をぉ?MISOとMOSIの接続が逆になってる。

GP3にMOSIが繋がっている。これはマズイ。GP3は入力専用で
出力に設定出来ない。一番近いコネクタとI/Oピンを接続して、
プログラム側でピンアサインを変更すればいいと思い、適当に
配線を決めたのがいけなかった。

以前も同じミスをやってたなぁ>自分

もう一度PCBEを起動して、最小の配線替えで出来る修正法を
考える。AVRならどのピンも入出力を切り替える事が出来るので、
この程度の失敗ソフト側でリカバー出来るんだが。

PICってやつぁ

と自分の失敗を棚に上げて思う、悪いのは自分だけれども。
基板を修正しMega48に書き込めるかテスト。無事動作を確認した
ので、PICで動くAVRISP互換ライタは完成とする。

Picavr04  

 

 

 

 

 

ソースとHEXファイル ダウンロード

|

« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | AVR入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/11161905

この記事へのトラックバック一覧です: AVRのためのPIC再入門 :

« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | AVR入門 »