« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

AVRのためのPIC再入門

PICでAVRライタを作る11

先週は16F648A-AVRライタをavrdudeに対応させるという事をやっ
ていた。ことの始まりは

ひとりぶろぐ

moyashjさんのブログで、Mac OSXでAVRプログラム開発環境を
整える記事。実のところ、このライタはそのままのavrdude5.1では
動作しない。少しばかり手直しする必要がある。

まず、avrdude-5.1のソースを入手する。"stk500v2.c"というファイル
がある筈なので、このファイルの567行目と1098行目の

"page_size = 256 "の部分を
"page_size = 128"に変更する。

そしてビルド。それと、PIC 16F648A側のプログラムも密かに更新
してあるので、これをPICプログラマで書き込む。

ソースとHEXファイル ダウンロード

これでavrdudeから使うことができる(と思う)。

ちなみに、私が試したcygwin1.5.21-1の環境でビルドすると、
"gettimeofday"という関数が重複していると怒られるので、
avrdude側のこの関数の定義と宣言をコメントアウトする必要が
あった。

このライタに興味を持ち、且つavrdudeで使いたいという奇特な
方のために(いないと思いますが)一応記しておこうと思う。

ということで、senshuさんmoyashiさんお世話様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

USBのためのWin32プログラミング再入門

チラシの裏

CPA02を使って簡単にUSBを使って通信する事が出来たが、
プログラミング的にはUSBを使っていなかった。
そこで、

USBって何だろ?

と言う疑問を持ち、あちらこちらのサイトを覗かせて貰った。
HEROさんのサイトに  - AVRだけでUSB装置を作っている
人がいて - この和訳が上がっている。凄い。
(もっとも、USBaspもAVR1個でUSB装置を形成しているが)
また、UUSBDという汎用USBドライバーを公開している人も
いた。

みんな凄いな。

それなりに情報はありそうだ。出来るかどうかは
分からないが、オリジナルUSB装置を作って見たい。

ついでながら、一時中止していたWindowsDDKダウンロードが
再開されるのと、VC++.NET 2003のアップデートが上がって
いる事に気付く。早速VC++をアップデート 。
         ↓
開始から 終了するまで3時間かかりましたよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

でんし研

8日はTAD師匠のでんし研ネタ披露更新日。
今回は何をやられているのかと見に行くと

AVRで作るPIC Writer509

!!!

まいりました、流石です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

USB入門

テスト基板

CPA02とATmega88を繋ぐ基板を作って見た。

Avrispmega8801  

 

 

 

 

 

 

然るべきピンを繋いだだけの回路。
CP2102のRxdとTxdをAVRのTxdとRxdに繋ぎ、AVRのI/Oピンに
LEDが付いているだけ。

早速テストプログラムを書いて見る。PCからCP2102への入出力は
仮想COMデバイスを通して行うので、CreateFileでCOMデバイスを
開き、この時取得したハンドルに対しリード・ライトを行うという、
お約束のコードを書く。AVR側はUSARTモジュールを初期設定し、
UDR0に対し読み・書きをするというコードになる。

これで動作する。簡単と言うか便利と言うか、動作する様子を見て
最初は喜んでいた。が、

なんか違う。

書いたのは単なるシリアル通信のプログラムだけで、USBを意識した
コードは1行も書いていない。そこはかとなく 「これじゃない」 感が
込み上げてくる。何かもっと、こう、USBに触れたい。

もうちょっと、USBを勉強してみよう。

でも、CP210Xは便利ですた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

USB入門

CPA02

CP2102変換アダプタを買った。DIP20ピンに変換して
くれるやつ。

基板にCP2102は実装されているのだが、コンデンサと
接続ピンは別に用意しないといけない。そして、この接続
ピンがピンヘッダじゃ代用出来ないことを知る。

ウェブ上の写真で見る限り、手持ちの1列ピンヘッダを
付けとけばいいやと勝手に思いこんでいたが、実際に
ピンヘッダをICソケットに突っ込んでみると・・・・・・

太くて入りません。

改めて接続ピンを買いなおす羽目になった。

Avrispmega8800_1

 

 

 

 

 

 

 
CPA02とせっかくスタンバっていたのに無駄に終わったピンヘッダの記念写真

そう言えば、以前もピンソケットを持っていなかったので、
ICソケットで代用できないかと、ICソケットにピンヘッダを
突っ込んで、入らないという事を確認した記憶がある。
しかも、電子工作歴1年未満の私にとって、そう遠い
過去の話ではないはず。

記憶力がないのか。>オレ

そんなお猿さんなみの知能で、CPA02の使い道を考える
事にする。うっきー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »