« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | ぐち »

2006年10月 1日 (日)

AVRのためのPIC再入門

PICでAVRライタを作る12

AVRStudioがバージョンアップしたらしい。

AVRからライタを使う時、ライタのファームウェアのバージョンを
チェックして、適合したバージョンではない場合ファームウェアの
更新を促すダイアログが表示される。

当然16F648A-AVRライタは純正AVRISPではないので、AVRStudio
からファームウェアの更新は出来ない。毎回このダイアログが表示
されるのは煩わしいので、16F648A-AVRライタのバージョン番号の
応答を変更することにした。
ただし、毎回AVRStudioの適合ファーム番号が変更されるたび
PICのプログラムを再アセンブルして書き込むのは、なおさら煩わし
いので、ターミナルソフトからファームのバージョン番号を変更できる
ようにしてみた。

Hterm

 

 

 

 

 

 

ハイパーターミナルなどのソフトから操作する。
決して使い安くはないが、取り敢えず機能すると思う。
AVRStudio-Build497の場合、SoftwareMinorVersioを0x0Aに
すればいいらしい。

しかし、このライタのネタでこんなに記事を書くとは思ってな
かったなぁ。

ソースとHEXファイル ダウンロード

|

« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | ぐち »

コメント

Morosanさん、お手数をお掛けしました。

これで、AtmelのSP適用が気楽にできると思います。

なお、私はメニューのメッセージが SJIS だと混乱したの
UFT-8モードのターミナル上では混乱したので、拙い英文に
修正して書き込みました。

受信のアルゴリズムも改良され、完成度もかなり向上して
いると思います。

なお、AVRstudioのstk500用のGUIプログラムでは、日本語
PATH名には対応が不十分なようで、奇妙なエラーが表示さ
れます。フォルダやファイル名にはスペースや日本語は使わない方が良いようです。

投稿: senshu | 2006年10月 2日 (月) 18時01分

Senshuさん

実はコメントを頂いたのに気付くのが遅れ
いい加減たっていたので、今更返事を書く
事にためらいがあったのですが、このまま
だと年を越してしまいそうなので、書く事
にしました。遅返事すみません。

いろいろPIC-AVRライタではお世話になり
ました。学が無いもんで英文は苦手です。
ソースコードのシンボル名にも、悩む事し
きりです。なので、よろしければどの様な
メニューにしたか教えていただけ無いで
しょうか。

投稿: Morosan | 2006年12月21日 (木) 20時58分

PIC16F648のAVR-ISPWriter拝読しました
Program勉強しようと思い、錆び付いた頭の錆び落とし中です。
書き込みSoftは、AVRSPを使用するのですか?

投稿: kawana | 2009年10月14日 (水) 14時08分

いいえ。
AVRISP互換として作動するので、AVR Studioから書き込みます。
AT90とか古いAVRは無理ですが、最近のチップならavrdudeも使えるかも知れません。

投稿: morosan | 2009年10月15日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/12106851

この記事へのトラックバック一覧です: AVRのためのPIC再入門:

« AVRのためのPIC再入門 | トップページ | ぐち »