« 再起動 | トップページ | USB入門 »

2007年4月23日 (月)

USB入門

USBデバイスを作る6

久々の記事だがやってる事は変わらない。多少人生観は変わった
気もするが、行いが進歩する程の事でもなかったらしい。

なので、昨年の続きをやる。

Mega88でUSBロースピードデバイスのファームをでっち上げて、
Windowsから認識させる事が出来た。何とか。
そこで、自作デバイスドライバをスクラッチビルドしようと思うの
だが、その前に、実験用基板を作って見た。

Mega88は別の物を作るのに使ってしまったので、格安Tiny2313を
使用した。電源はUSBバスから三端子レギュレータで降圧した3.3V
を使う。クロック源は20MHzのセラロック。あとデバッグ出力用に
ADM3202ANを付けた。
さっそく、Mega88のコードをTiny2313用にコンバート。

げっ、フラッシュメモリの残りが数10ワード!

USBのファームだけで、ほぼプログラムメモリ満載。
こんなファームでなにか面白い物がつくれるのだろうか?

0704230001

|

« 再起動 | トップページ | USB入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/14824625

この記事へのトラックバック一覧です: USB入門:

« 再起動 | トップページ | USB入門 »