« USB応用 | トップページ | USB応用 »

2008年7月28日 (月)

USB応用

パフォーマンス・インジケーター その2

驚いた事にまたヤフオクにBeBoxが出品されている!
幻のマシンだと思っていたのに、そんなにタマ数があるのかい?
当然、先週とは別の方が出品されているのだが、あるところにあ
るもんだ。ただ、スタート価格が6万円なんでやはり手が出ない。
2週連続で指を銜えるはめになるとは思わなかった。

BeBoxほしいな~。

さて、AVRでCPUゲージであるが、土日を利用してファームと
デバイスドライバを書いてみた。

AVRのプログラムとなるファームは、昨年作ったUSBCOMIOを
流用し、LED制御を組み込んで見た。肝となるのが、4つのI/O
ピンを使用して10個のLEDを制御する所だが、これはMicrochip社
にあるアプリケーションノートTB023を参考にしている。ダイナミック
点灯させて、見かけ上同時に複数のLEDが灯っているようにしてみた。

デバイスドライバは新規に書いて見た。USBCOMIOとは違い仮想
COMのフィルタが必要ないので、煩雑なI/Oコントロールが無い分
コンパクトに仕上がった。
にしても、カーネルモードプログラミングは驚きに満ちている。
単純なバグでタスクマネージャーからも終了できないプロセスを
作り出したり、時計が止まるほどのパーフェクトなハングアップを
作ったり、自由自在である。もちろんブルースクリーンも簡単に
引き出せる。

ほんとに単純なミスなんだけどなぁ。

解ってしまえばあっけないバグを修正しつつ、デバイスドライバ完成。
テストアプリケーションを書いて動作を確認。

Piavr03  

 

 

 

 

 

 

ちゃんと動作している見たい。
次はWindows上の常駐アプリケーションだ。

今回、昨年書いたUSBCOMIOのコードを久しぶりに読んだが
なんかコードが汚い、よくこんなもんを公開してたもんだと
思わず赤面!公開した事に後悔する。(オヤジギャグ)

|

« USB応用 | トップページ | USB応用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/41998290

この記事へのトラックバック一覧です: USB応用:

« USB応用 | トップページ | USB応用 »