« 幸せのアルミ箱 | トップページ | DT-H50/PCI »

2009年5月 3日 (日)

Window7

組み上げた「幸せのアルミ箱」にOSをインストールする、
インストールするOSはWindows7だ。今年始めにマイクロソフトのサイトからβ版をダウンロードしておいた。会社の同僚に話すと、また何で不安定なものをインストールするんだと、あきれられた。
いいのである。

「技術者たるもの、進んで人柱になるべし。」

いい言葉だなー。敢えて最新のOSをマイPCにインストールし、挙動を検証するのが、正しい技術者の生き様だと思う。

で、果たして本当に「インテル入ってない」マイノリティー構成のPCに、Windows7がインストールできるのかワクワク、ドキドキ。

2009050305  

 

 

 

 

 

 

ダウンロードしたISOファイルをDVDに書き込み、DVDブート。
インストールウィザードが表示されるまで時間が掛かることを知らず、二度ほどリブートしたのは内緒だ。
DVDプートしてしばらくほおって置くと、インストールウィザードが表示され、手順に従い難なくOSインストール完了。

nVidiaのサイトからWindows7用のチップセットドライバをダウンロード。
ECSのサイトからVista用サウンドドライバをダウンロードしてインストール。
Vista用のドライバでも、問題ないみたい。

これで、Window7環境を堪能しようと思う。

|

« 幸せのアルミ箱 | トップページ | DT-H50/PCI »

コメント

明けましておめでとうございます。

随分ご無沙汰をしておりました。
あれは先春の出来事で御座います。
・・
お題が大分外れますが書かしていただいてよろしいでしょうか?
それでは宜しくお願いします。

投稿: ノンノ | 2011年1月 6日 (木) 11時33分

お久しぶりです。
何かありましたか?

投稿: morosan | 2011年1月 6日 (木) 13時43分

まずは関係ない話題、
うちのそとにいついたねこ、先春に帰ってきたとき、目を合わせようとしません。

しばらく呼んでいるとやっと来て、手を噛みました。
少し型が残るくらいで傷には成りませんでしたが、
何か気持ちが分かったような気がしました。

あれから大分立ちますが、やっとやり残したことを思い出しました。

と言いますのはwisp648aのソースを見つけまして、
「AVRのためのPIC」とくっつけたいのですが、
ソースの概要がお聞きできたらと思いますが如何でしょうか?

投稿: ノンノ | 2011年1月 6日 (木) 21時59分

疑問点があればどうぞ書いてください。
分かる範囲でお答えします。

投稿: morosan | 2011年1月 7日 (金) 12時08分

有り難うございます。
今までやっていましたのはJALV2でして、
最近バージョンOFプしてから調子が悪く
(エラーが多い、書き方が間違っているかも)
wisp648aをコンパイルすると上手く展開できません、
JALのオリジナル版で展開しようとやっていますが、環境が揃わず進んでいません。
出来ましたらまたご連絡いたします。
目的は2つのプログラムを並べてswなんぞで
先に切り替えてそれぞれのソフトで動かすつもりですが、収まりきるかなども確認できていません。
それではまた宜しくお願いします。

投稿: ノンノ | 2011年1月 7日 (金) 13時25分

了解しました。

投稿: morosan | 2011年1月 7日 (金) 17時22分

経過報告、wisp648a
いろいろやってみてJAL Editでコンパイルできました。
(以前はJALIBなども動いたのですが、
JALv2 2.4nでは環境が上手く行かず動いていません)
結果は下記のように大きくてAVR分を入れるエリアがありません。
Code :3982/4096 Data:158/240 Hardware Stack : 6/8 Software Stack :16
内容を確認して削れるところはないか探ってみます。
(wisp628Aは2kで収まっていました)
wisp628Aとの違いを検討中です。

FT232RLの内部クロックが使えれば
XTALが省略できると早とちりしていました。
wispも20MHzXTALですから20MHzが使え、またシリアル信号極性はwispでも同じであり、FT232RLのMprogにて自由に変更できますので問題ではありません。

それではまた。

投稿: ノンノ | 2011年1月 7日 (金) 18時38分

AVRISP 16F648AのソースはPICのリロケータブル
形式のソース作成の理解に非常に参考になりました。

プログラム配置とリンカースクリプトの変更で
16F628Aに収まることを、再アセンブルして
確認してあります。
(純正AVRISPを持っているので製作はしていませんが・・)

投稿: kuga | 2011年1月 7日 (金) 23時37分

>16F628Aに収まることを、再アセンブルして
確認してあります。
リロケータブルが未だ理解できていません。
1本に繋ぐにはどうすればよいでしょうか?
(JALはインクルードの概念だけのようです)

「Wisp628_112.jal」
Wisp628 firmware version 1.12 22-Nov-2006 Modifications by RobH
(Errors :40 Warnings :7)

「wisp648.jal」
Wisp648 firmware version 1.30 (released)
(Wisp648 firmware version 1.30 (Code :3982/4096 Data:158/240 Hardware Stack : 6/8 Software Stack :16)
が入手できました。

JAL EDITでのコンパイルに何かが足りないのか、
ライブラリが認識されていないのかも知れません。
(目下ここを攻略中)

出来ればJALに書き換えて、コマンドかSW入力で切り替えたいのですが、pinが/MCLRしか余っていません、(あるいはXTALを発振器にして1pin浮かせるかです。
それではまた。

投稿: ノンノ | 2011年1月 8日 (土) 12時26分

しばらく調査をしました。
wisp628はヴァージョン111が良いらしいのですが、ソースがありません。(112は有ります)
それとwisp648a.jalは相当拡張がされていて、今更戻るのも考え物でした。

wisp648aを16f886にてコンパイルしますと、
2個のエラーで済みました。
これを修正しておそらく使えると思うんですが、
MPLABのソースが良く判らなくて、(リンクするところが)
JALに書き直すのに
一連のソースにすることは出来ますでしょうか?
pinの問題も何とかなりそうです。
それではまた。

投稿: ノンノ | 2011年1月 8日 (土) 23時45分

pinの振り当てを次にしました。
pic16f886
-- 1 RE3/MCLR --icsp-in
-- 2 RA0 TG_PGC out;in
-- 3 RA1 RESET/HV out
-- 4 RA2 HV out
-- 5 RA3 off/VDD out
-- 6 RA4 off/LED out
-- 7 RA5 --NC
-- 8 Vss--
-- 9 RA7/CLi-XTAL
-- 10 RA6/CLo-XTAL
-- 11 RC0 --NC
-- 12 RC1 --NC
-- 13 RC2 --AVR-RESET
-- 14 RC3/Sc--AVR-SCK
--
-- 28 RB7/PGD--icsp-in/out
-- 27 RB6/PGC--icsp-in
-- 26 RB5 TG_PGD out;in
-- 25 RB4 TG_PGM out;in
-- 24 RB3/PGM--icsp-in
-- 23 RB2 PUMP2 out;in
-- 22 RB1 PUMP1 out;in
-- 21 RB0 --NC
-- 20 Vdd-- --icsp
-- 19 Vss-- --icsp
-- 18 RC7/RX RXD in->PIC
-- 17 RC6/TX TXD out<-PIC
-- 16 RC5/So--AVR-MOSI
-- 15 RC4/Si--AVR-MISO

投稿: ノンノ | 2011年1月 9日 (日) 20時35分

kugaさん
16F628Aでの検証ありがとうございます。

ノンノさん
状況がよく分からないのですが、
wisp648a.jal??、MPLABのソース??

「MPLABのソース」が私の書いた「AVRISP 16F648A」のコードで、これを別の言語にコンバートしたいと言う事でしょうか?

アセンブラで生成されたオブジェクトは、リンク時にセクションごとにまとめられ、1つの実行ファイルが生成されます。

ソースコード中には、生成されるコードが何処のセクションに所属かを示すために、宣言が記述されています。( "PROG code"とか"WORK udata"とか )

"PROG"だの"WORK"だのといったセクションがどう定義されているか、何処に配置されるかといったことは「AVRISP.lkr」の中身に書かれています。

投稿: morosan | 2011年1月10日 (月) 10時28分

まず「PIC-AVRISP16F648A\Source」
をコンパイル・・成功。
デバイスを16f886に変更して
「PIC-AVRISP16F648A\Source886nc」を
コンパイル (fuseの内容が違うので)
fuseコメントアウトとAVRISP.asm-144を
CMCON->
; ANSEL = 0b0000_0000 -- all digital
; ANSELH = 0b0000_0000 -- all digital
; ADCON0 = 0b0000_0000 -- disable ADC
; ADCON1 = 0b0000_0000
; CM1CON0 = 0b0000_0000 -- disable comparator
; CM2CON0 = 0b0000_0000 -- disable 2nd comparator
に変更するとコンパイル成功。
ポートを振り替えて
「PIC-AVRISP16F648A\Source886c」
同じく成功しました。
(wisp648aのコンパレータの働きを確認してみます)

JALはインクルードも出来ますが、
普通は1列のファイル中にサブプログラムも書くようです。(余り理解していません)

*.asmのインクルード部分に*.incを展開してしまい、それらをくっつける事で一列のファイルに出来そうですが、なんかスマートではないように思えて仕方有りません。

もう一つはwisp648aの中でもUSARTを使っているようなのでそれを呼び出しても良さそうに思って調べています。
SPIはハードがあるのでそれを呼ぶことも出来るように、そのpinに当てました。
ではまた。

投稿: ノンノ | 2011年1月10日 (月) 15時18分

余談ですがconfigが出来なかった怪、
マニュアルには見あたらず web上の
ttp://monkeyseemonkeydo.blog97.fc2.com/blog-date-200705.html
こちらで知りました。
__CONFIG _CONFIG1, _HS_OSC ;& _WDT_OFF & _PWRTE_ON & _MCLRE_ON & _CP_OFF & _CPD_OFF & _BOR_ON & _IESO_OFF & _FCMEN_ON & _LVP_OFF & _CONFIG1, _BOR40V & _WRT_OFF

番号とカンマがないとエラーでした。

投稿: ノンノ | 2011年1月10日 (月) 18時01分

上記「LVP_OFF & _CONFIG1,」は2の間違いでした。
**.asmに**.incを内包させて、
6個のasmにしますとインクルード無しで
(当然その様に習ってましたが)
MPLABでアセンブルできました。

1本に繋いでしまいますとエラーになるので、
分割した状態でJAL化を試してみます。
(リロケータブルとアブソリュートの違いがよく分かっていません)

投稿: ノンノ | 2011年1月12日 (水) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180469/44883875

この記事へのトラックバック一覧です: Window7:

« 幸せのアルミ箱 | トップページ | DT-H50/PCI »